ホーム > 文化 > 売買ポジションを所有する事

売買ポジションを所有する事

PCの前に座ってつねに変化しているマーケットを見ると、直ちに売買をしなくてはいられないという思いに煽られる場合も多いと思います。

 

でも、不明瞭な感覚で売り買いをするのだけは、絶対に避けてほしい。

 

ご覧の通り、外国為替相場は昼夜を問わずいかなる時でもいずれかで為替市場は変化しているし相場も常に、変化しています。

 

しかし、だからといって考え無しに売り買いをするとそれだけで損をする率が高まってしまう。

 

無論、売買の回数を重ねることによってトータルで勝利する確率か五分五分になっていきます。

 

しかしその事実は「なんだか分からないアイデアで売り買い」とは話が異なります。

 

エントリー回数を積み重ねるとは自分自身が「ここで勝負」と思いついた確信を持ったところでのエントリー回数を積み重ねるという意味です。

 

特段の理由も無く、のべつ幕なしトレードを重ねるのとは違います。

 

外国為替市場の戦いに負けないためには緩急をつけることが大切です。

 

「ここがチャンス」と思った為替相場の時には、迷わず所有ポジションを増やして、利益を追求します。

 

「かなり難しいマーケットでどう変化するのか読めないな」と感じた時は、観念して売買ポジションをすべて見切りをつけて何もせず静観します。

 

そのくらいのテンポでやった方が最終的にはエントリーはうまくいくものだ。

 

マーケットの格言には「休むも相場」というものがあります。

 

実に言葉どおりだと思います。

 

為替取引とは売買ポジションを所有する事が大事ではなく何も所有せず静観していることもまたFXです。

 

では、いつ、休むといいのでしょうか。

 

第1に言われるのが前に述べたように、現在の外国為替市場がしっかりと難しいときです。

 

今後上がるのか下がるのかわからないような時は考え無しで行動すると、自ら書いた物語とは逆の方向に市場が向ってしまい、損する事になってしまいます。

 

だから、そんな場面ではポジションを減らして何もせずに静観しているのが唯一出来る事です。

http://dtvfef.cscblog.jp/

ふたつめは、自分の健康状態がすぐれない時。

 

コンディションと市場に関係ないと思う人もいるでしょうが思ったより関係あります。

 

体調があまりよくなければ、為替相場のミスできない状況で正しい判断ができません。

 

やる気がわかない時はトレードから離れてみるのも大事な事です。

 


関連記事

  1. 売買ポジションを所有する事

    PCの前に座ってつねに変化しているマーケットを見ると、直ちに売買をしなくてはいら...

  2. テスト

    テスト記事です。...