ホーム > 日常 > はなれられない

はなれられない

パソコンのディスプレイの前に座りいつも変化している市場を見てしまうと何やらエントリーをせずにはいられなくなるという抑えようの無い感情が生まれる場面も少なくないだろう。

 

しかしながら、ぼんやりした考えで注文することは、絶対にしてはいけません。

 

ご存知の通り、外国為替市場は終日、いかなる時でもどこかで為替市場は開かれているし相場も常時、変動している。

 

しかし、だからといって闇雲に売り買いを重ねているとそれだけ損失が生じる率が高くなってしまいます。

 

無論、エントリーの回数を積む事で、じょじょに勝利する確率か半々に近づくのは事実です。

 

でもその事実は「ぼんやりとした直感で注文」することとは別の問題です。

 

エントリー回数を増やすということはあなたが「ここがチャンス」と思えるチャンスを得られたケースでのトレード回数を増やすという事です。

 

特段の理由も無く、休む間もなくトレードを積むのとは明確に違います。

 

為替相場の戦いに勝つためには、自分が思案してメリハリをつけることが肝心です。

 

「ここで勝負」と思えたマーケットの時には、思い切ってポジションを買い増して意識して儲けを求めます。

 

「少し頭をかかえるマーケットで、どう上げ下げするのかわからないな」と思案した時はいっそのこと所持ポジションをひとつ残さず諦めて放置します。

 

それぐらいのリズムをつけた方が最終的に売り買いはうまくいくものだ。

 

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当にその通りだと思います。

 

外国為替相場とは、いつも売買ポジションを保有する事が重要ではなくどの売買ポジションも所持せず待っている事もまた相場なのである。

 

じゃあ、どの場面で、休みどきなのでしょうか。

 

ひとつめは、先述した通り、これから先のマーケットが曖昧で理解できない時です。

 

ここから高くなるのか安くなるのか見通せない時は、考え無しで行動すると、自分自身で思い描いた筋書きとは逆方向に外国為替市場が変化してしまい損してしまいます。

 

こういうケースではポジションを0にして、そのまま静観を決め込むのがいいと思います。

 

もうひとつの場面は、自身の体の具合が思わしくない時です。

 

体の調子と相場に関係ないと思う人もいると思いますがかなりつながりがあります。

 

健康状態が変な時は外国為替市場の大事な場面で、冷静な決定をする事ができなくなります。

 

関心がわかない時は、マーケットから離れてみるのも大事なことだ。

 


関連記事

  1. 電話占いピュアリ|正式に離婚ができていなくても...。

    短期間でミスすることなくターゲットに怪しまれないように浮気の確たる証拠を見つけ出...

  2. ほんの数日間なのに高収入になるなどと耳に入ると...。

    「1日なら時間がとれる」といった時ってあると思うのです。バイトに時間を使える日数...

  3. フラッシュモブのプロポーズ

    プロポーズを考えている人、たくさんいると思います。 やっぱりただのプロポーズでは...

  4. はなれられない

    パソコンのディスプレイの前に座りいつも変化している市場を見てしまうと何やらエント...

  5. 注文住宅で夢のマイホーム

    2年前、私たちは注文住宅でマイホームを建てました。 家を建てるきっかけになったの...

  6. テスト

    テスト記事です。...