現実にパソコンの前に座り上下している相場を見ていると、何やらエントリーをしなければいけないという欲求が生まれる場合も多かったりします。

 

でも、ぼんやりした思いつきで注文するのだけは、間違ってもしてはいけませんご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず休みなくどこかの国の市場は開かれているし、相場もいつでも動いています。

 

だからといって、頻繁に取引をするとその分だけマイナスになるリスクが増します。

 

言うまでもなく、エントリーの数を増やすことによって、次第に勝利する可能性が半々になっていくのは事実です。

 

しかしその事実は「なんとなく直感で取引」することとは話が異なります。

 

トレード回数を重ねるということは、自ら「ここだ!」と感じた勝機を得られた場合の取引回数を増やすという事を言っています。

 

何となく、休む間もなく取引を繰り返すのとは明らかに違う。

 

外国為替市場の戦いに立ち向かうためにはあなたがよく考えてメリハリをつけることこそが肝心です。

 

「ここで勝負」と思った為替相場の時には、所有ポジションを買い増して、覚悟を決めて利益を追い求めます。

 

「だいぶ悩ましい為替相場で、どう変化するのか理解できないな」と思った時は、観念して持っているポジションをひとつ残らず閉じて静観します。

 

それぐらいのメリハリをつける方が、最後にはトレードは勝てます。

 

為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

実にその通りです。

 

為替取引とは、いかなる時でもポジションを持っていることがすべてではなくポジションを持たないで静観していることも時には、外国為替相場です。

 

では、どの場面で休む必要があるのでしょうか。

 

ひとつは、先述の通り、直近の為替相場がよく見えない時。

 

そこから高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は何も考えず行動すると、考えたストーリーとは反対の方向に外国為替市場が動いてしまい損する事になってしまいます。

 

だから、そういう状況ではポジションを減らして、そのまま静観を決め込むのがいいだろう。

 

第2に、体の状態があまりよくない時です。

 

健康状態と相場に関係性はないと感じる人もいるだろうが。

 

実は大きく関係がある。

 

体の状態がよくなければ、外国為替相場のミスできない状況で、必要不可欠な判断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

気分が乗らない時は相場から目をそらす事も重要な事です。

 


関連記事

  1. 現実にパソコンの前に座り上下している相場を見ていると、何やらエントリーをしなけれ...

  2. テスト

    テスト記事です。...